お酢を料理でうまく活用しよう

調味料として使っているお酢や合わせ酢は、その味がさっぱりとしていることからとても好まれています。若い人は、そんなに好きではないと思っていても仕事をし出すと、なんとなくすっぱいものを食べたいと思うようになるのです。そのようになると、ちょっと大人になったと感じるのではないでしょうか。疲れた体を癒すことができる調味料の代表がお酢なのです。味がよく手軽な合わせ酢が通販にあるので、そのお酢を上手に使って、毎日を元気に過ごしましょう。

お酢は体に良い健康調味料

お酢には、健康によい効果が多く含まれています。疲労回復を始め血糖値抑制、脂肪燃焼、などの効果も見られます。毎日の食事に取り入れることで元気を継続することが可能になります。ただ毎日続けなければ効果を得られない場面もあります(血糖値)。そんな調味料としてのお酢は、味付けだけではなく料理をするときに用いることによりその食材の風味や栄養価を上げることができます。ここでは、お酢を活用したレシピをその方法についてご紹介します。

お酢を活用した料理

・お酢で魚を美味しく見た目よく調理
魚を煮る時に、一番困ることとして煮崩れがあります。魚がに崩れてしまうと、味は同じでもちょっと見た目が問題となりますね。せっかく作ったのに、食べてもらえないこともあります。そんな時、お酢を入れてみましょう。お酢は、魚のタンパク質成分を固めることが出来るので、その結果で煮崩れを防止することができます。ちょっとだけ入れるだけいいので、風味を変えることなく美しく仕上げることができます。

・肉の煮込みにもお酢を使う
肉の煮込み料理を作る時に、お酢を使うと肉を柔らかくすることができます。特に鶏肉との相性が抜群です。お酢と醤油で煮込むことにより、骨からほろっと肉が取れるほど柔らかくすることができます。そしてさっぱりと食べれるので、肉を食べることが苦手なお年寄りも大好きなメニューとなります。

・骨を柔らかくする
お酢と一緒に煮込むことにより、魚や肉類の骨を柔らかくすることができます。魚の骨は硬いので、柔らかくなると助かりますね。また栄養面でも、とても効果を期待することができるのです。それは骨から溶け出したカルシウムを摂取することが出来るということです。カルシウムは、子供さんの骨の生成には欠かすことができません。またお年寄りも骨を強くして、元気でいたいですね。