お酢を使ったさまざまな料理方法

お酢はお酒から

日本古来の調味料であるお酢はアルコールを発酵させて作ります。発酵時に用いる穀物や果実から醸造酒を作り上げ酢酸菌を加えることにより酢となります。一度アルコール発酵を通してからお酢へとなるので、お酒の老舗がお酢を、お酢の老舗がお酒に携わっていてもおかしくないのです。梨のワインを作るお酢の老舗もあるので、企業の特色や、地元の特産品を用いた様々な発酵食品や発酵調味料が増えつつあります。実際に目にする機会はないですが、多種多様なお酢やワインは通販を利用することで、自分が気になるものをすぐに取り寄せることができます。またお酢などの調味料やお酒は容量が大きいものがほとんどなので自分で買いにくいのもあり、通販を利用することはオススメできます。

お酢は古代の調味料

酢には種類があり、お米を主原料としたお酢は米酢と呼ばれ果実を主原料としたお酢は果実酢と呼ばれます。どちらのお酢もアルコールを発酵させ作り上げ様々な料理に使用されます。料理に使用するお酢には効能があり、食べ物の腐敗を抑える作用の防腐効果と最近の発生を抑える抗菌効果があります。ですから、日本の古来の料理に使用することが多いわけです。例を挙げると江戸時代の庶民の歴史と食生活に関する文献にお酢を使用して作った鯖寿司の記載がされているほどお酢は日本の文化の古くから存在しています。

夏の料理に欠かせないお酢

私の場合は、夏は食材が傷みやすい為にお酢を使用した料理を多く作ります。例えば、夏に手軽に作れてすぐに食べられる料理であるとたこときゅうりを合わせたの酢の物やサーモンのマリネなどがあります。酢を使った料理でもっと簡単なレシピとなると漬物を作るのが良いと思います。例えばピクルスなんかは初心者の方でもレシピサイトや料理本を見れば簡単に作れます。お酢の漬物を作る上で気をつけなければいけないのは砂糖の量とお塩の量くらいですので酢の量に関しては食材が隠れるくらい入れてしまえばすっぱくなりすぎることも無く漬物をつけることができます。特にお酢を使用した漬物は結構な種類がありますのでとりあえず初心者はピクルスから始めたり、ラッキョウをつけてみてはどうでしょうか。ただ、ラッキョウはお酢はマイルドなお酢で無い普通のお酢を使うためすっぱくなりやすく初心者には少し難しいかもしれません。しかし、お酢の扱いに慣れてくれば南蛮漬けや酢豚などの料理のほかに繊細な味付けが必要とされる昆布だしと酢を合わせて作る千枚漬け等も作ることも出来るようになりますので一度、お酢を使用した料理に挑戦してはどうでしょうか。