減塩でも食が進む!健康にも良い魔法の食品

私が是非ともおススメしたい調味料はにんにくです。
この食材に注目するようになったのは去年二か月間に及ぶ入院生活を経験したことがきっかけでした。
腎臓の病気で入院していたので出された入院食は減塩で、何と一日に塩分6グラム以下の制限がありました。
それに加え、たんぱく質の制限もあったので最初入院食に慣れるまでは少々薄味に感じましたが、それでもあまり入院食を残すことはなく美味しく完食することができました。
ナースさんから聞いた話によるとその病院では白米も含め、すべての食事にほんの少しにんにくを使っているそうです。
減塩でも食が進む調味料はにんにくだということでした。
退院後の今も私は食事制限を受けていて、塩分は相変わらず一日6グラム以下にするように栄養士さんから指示されていますが、入院していた時の食事は参考になりいろいろなものをにんにくを使って味付けするようになりました。
チャーハンやペペロンチーノ、ガーリックトースト、野菜炒めなど様々な料理に使うことができ、無理なく美味しく減塩をする点でとても役に立っています。
にんにくには様々な健康や美容へ効果があると言われていますが、私の場合お通じが良くなりむくみも解消されました。
私のように持病でなくても健康を気にする方、ダイエットのために減塩したい方に是非おススメしたい調味料はにんにくです。