買い物に不便な地域は通販が便利

東京でも都下郡部の方の多摩地方に住んでいますが、内は農家とサラリーマンと両方を兼ねていますが、部落なので実を言うと買い物には本当に困っているのです。
近年よく言われるように、昔からあった商店や商店街がシャッター化して次第に変貌していくような寂しくなって来ているのも事実のようで、此方も其の影響をモロに受けているのです。

此の商店や商店街の衰退の要因として、最近ではよく郊外や国道沿いに大型ショッピングセンターやショッピングモールが建ってきて、それらの存在によって昔からの個人商店が影響を受けて経営難に陥っていることがあるのです。

例えば、私どものところにもイオン系の大型ショッピングセンターが出来て、其処は駐車場も広く、食料品や日用品はは勿論、フードコートやゲームセンターまでできているのです。 しかしながら、そちらに買い物にゆくには車で30分以上もかかってしまいます。 又、もっと近いとこれでは小さなコンビニなども出来ていますが、此方は品不足で到底、日常の食料品などの生活用品は揃っていません。

そんな事で、我家では最近では通販を出来るだけ利用活用することにしているのです。最近の通販というのは各種有って競争も激しいようで、其の点、サービスも以前よりはるかに良くなっているし、何より安いし、早いし、送料も無料ということで、大いに利用しているのです。

勿論、生鮮以外の食良品や調味料の醤油、味噌類、お酢の通販もおおいにりようしているのです。