お酢で血液から健康に

お酢を摂る習慣をつける

若い人は、健康についてそんなに意識をすることがありません。そのため、ジャンクフードなどを食べても、平気でいることができます。しかしそれは症状として現れていないだけで、静かにその症状が進行していることがあります。その症状として一番怖いのは、動脈硬化です。動脈硬化になると、たちまち脳梗塞等の怖い病気になる危険性があります。しかもいつなるのかわからないので、もしかしたら明日かもしれません。その危機感を持つことは、とても大切なことなのです。そんな時、毎日の食事で見直しましょう。お酢調味料で簡単に健康へ近づくことができます。怖い動脈硬化をお酢で予防できるなんて、とても簡単ですね。通販で簡単な合わせ酢を購入できるものもあるようです。ここでは、酢を使った料理をご紹介します。それにより、毎日ちょっとづつお酢を使う習慣をつけましょう。

お酢で野菜が食べやすい

< 野菜の煮浸し >
野菜には、ビタミン類等が多く含まれていることとカロリーが低いので、その点で良い食材となっています。その野菜を使った料理として、サラダが有名ですね。しかしそのサラダに飽きるという場合は、野菜の煮浸しを作ってみましょう。それは野菜をカットして、少しあげるようにしてその後にめんつゆに浸すだけでOKです。そしてその後に、お酢を少し入れるようにします。するとお酢の酸っぱさがマイルドになり、とても食べやすいです。その野菜の煮浸しは、ナス、きゅうり、レンコン、じゃがいも、豆腐等を入れてつくると栄養バランスよくすることができます。お酢の酸味は、アクセントになるのでとてもいいです。たくさん作っておいて、箸休めとして利用することもできます。

動脈硬化は、長年の食生活の積み重ねによりなることが多いです。突然なるのではないので、その点でも食事が大切ということですね。お酢のチカラで血液をサラサラにして、更に野菜のチカラで血流を良くすることが出来るのでとても良い調理方法です。作りおきをして、毎日食べるようにしましょう。