だしは欠かせない調味料

同じような食材を使って、同じような方法で調理をしても、調味料によって味ががらりと変わるのは常識です。調味料はいろいろ揃えておくと便利だし、スパイス用の小さな棚をキッチンの壁に取り付けて並べている友人もいます。しかし、調味料は案外賞味期限が短いという問題があります。特にスパイスは使用量が少ないので、ひと瓶使い切れないこともよくあります。
私はスパイスに凝るのはとっくにやめてしまいましたが、これは便利!と思って切らさずに買っているのがだしの代わりに使えるめんつゆです。以前はめんつゆをそのまま購入することに抵抗がありましたが、使ってみたらその便利さとおいしさに驚きました。三種類の旨味の調理だしが万能だしなら和食はなんでも作れます。今では定番の調味料となり、大容量のものを購入しています。
煮ものをはじめとして、鍋料理やうどん・そば、茶わん蒸しなどに欠かせません。青菜のおひたしやとろろの出汁、卵焼きにだしを使っています。
だしを使い始めてから、和食のメニューが増え、野菜を食べる量も増えました。調味料は健康にも影響するものかもしれないと感じます。

だし以外にも合わせ酢なんかも非常に便利で簡単、便利な合わせ酢の通販で人気なのは「べんりで酢」というお酢です。合わせ酢のなかでもいろんな料理に合わせやすく、また味も調節しやすくなっていて、とても重宝します。