中華料理はお酢でとてもおいしくなる

中華料理はお酢料理も多い

醸造酢は手軽な基礎調味料のひとつでいろんな国や地域に親しまれてきましたが、日本料理には特に使われてきました。日本料理というと、お酢や合わせ酢を使ったものがとても多いです。さっぱりとした口直しとしても使うことが出来るので、必ずといっていいほど使うことがあります。そんなお酢は、中華料理でも使われています。お酢は、健康にも良いので医食同源の考えのある中国では、頻繁に使われているのです。お酢料理に通販の醸造酢を用いて食べることにより、体を柔らかくしたり、疲れを取ることが出来るととても評判です。中華料理の中でもこれは美味しいという、お酢を使った料理をご紹介します。これをみると、食べたくなることは間違いありません。

お酢を使ったおすすめ中華料理

チキン南蛮
チキン南蛮は、あげたチキンをお酢で浸したものを卵のタルタルで食べる、とても味わいのある料理です。このチキン南蛮は、いろいろな地域で親しまれています。その甘酢が欠かすことができないアクセントとなっているので、甘酢の酸っぱいところが人気があります。その上に、卵のタルタルソースにより、コッテリ感を出しているのです。甘酢は、どんな料理にも使うことが出来てとてもいいですね。特にチキンとの相性が抜群です。チキン南蛮があると、ご飯をおかわりしたくなる、そんな美味しさです。

酢豚
酢豚も、慣れ親しんだ味ですね。昔から、酢豚を食べているのでとても大好きという人が多いのではないでしょうか。自宅で作る時に、通常のお酢でもいいし、黒酢を使うことにより更に風味のある酢豚にすることができます。豚肉は、疲労回復させることができるビタミンBを多く含んでいます。その上に、お酢のアミノ酸とクエン酸効果で疲労を回復させることができるのです。疲れた時には、お酢を使った酢豚がピッタリですね。

白菜の甘酢漬け
中国では、箸休めとして白菜の甘酢漬けが食べられています。これは、七味唐辛子などを入れることにより、更にパンチのある味にすることができます。また中国の場合は、ごま油を入れることもあります。すると、甘酢とごま油の相性もいいのでとても美味しくなります。